雨の日、母の日

しとしと降る雨を見ると、時々母を思い出す。

私が小学生の時。

雨の中傘をさして下校していると、向こうから同じ小学校の先輩が傘を持たずに濡れながら歩いて来た。

もう家がすぐ目の前だったので、私が持っている傘を彼女に貸してあげようとしたのだが、

ひとこと声をかける勇気がでずそのまますれ違っただけで終わった。

 

帰宅し、そのことを母に伝えると、

「あなたは傘を貸してあげられなかったのね。」

「でも、貸してあげようと思ったの。」

「でも、あなたは貸さなかった 。」

 

私は何も言い返すことができなかった。

 

「どれだけ考えていても行動に起こさないと意味がない」

その時母からそう教えられた気がする。

 

 

 

どうでもいい話ですが、そんな母、いい歳した今も平気な顔して服を後ろ前間違えて着ています…。